· 

七五三詣予約受付中

 七五三詣のご予約を受け付けております。

 七五三詣は、三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児は晴れ着を着て家族そろって神社にお参りし、これまでの子供の成長を神さまに感謝し、これからのさらなる成長をお祈りします。

 七五三は、この年頃の子供の年祝いをする古くからの風習に由来するもので、三歳の「髪置」(かみおき)、五歳の「袴着」(はかまぎ)、七歳の「帯解」(おびとき)の祝いがありました。「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。また男児は「袴着」で袴を着け始め、女児は「帯解」でそれまで付け紐で着ていた着物から帯で締める着物にかえました。

 つまり形式的にではありますが、七五三を終えて、晴れて一人前として扱われるようになったのです。

 また、七五三詣は正式には数え年で行いますが、今日では満年齢で行うことが多くなりつつあります。