· 

2月祭神画御朱印が決まりました

①「祈年の櫛稲田姫」(としごいのクシイナダヒメ)

 

全国的には2月17日、当神社では2月23日に執り行っております「祈年祭」をテーマに描かせていただきました。

「祈年祭」とはお米を中心とした作物の豊作を祈るお祭りで全国的にも「大祭」として行われるとても重要なお祭りです。対のお祭りとして11月にお米を中心とした作物の豊作に感謝する「新嘗祭」というお祭りがございます。

クシイナダヒメさまはその名の通り「稲」にも関わりを持つ神様ですのでクシイナダヒメ様が五穀豊穣の祈りをささげているイメージの絵とさせていただいております。

 

※2月は全て書置き(印刷もの)となります。

(最も大事な印の部分は本物を押しています。)

 

 

 

 

 

②「豆打の瓊瓊杵尊」(まめうちのニニギノミコト)

 

2月限定ということで節分をテーマに節分祭の豆まきの神事「豆打ちの儀」をイメージして描かせていただきました。

また、今回は素鵞神社ではなく、宮司の兼務する行方市玉造鎮守の「大宮神社」の御祭神の一柱、「ニニギノミコト」を描かせていただいております。

御朱印は参拝の証でございますので、こちらの御朱印をお受けになりたい方はまずは大宮神社にご参拝されました後に素鵞神社へ御来社いただき授与されますようお願い致したく存じます。

 

※2月は全て書置き(印刷もの)となります。

(最も大事な印の部分は本物を押しています。)

 

 

 

 

 

③「鳴弦の夜刀神」(めいげんのヤトノカミ)

 

同じく節分をテーマに節分祭で執り行われる弓矢の神事「鳴弦の儀」をイメージして描かせていただきました。

古来より弓の弦の音には魔を祓い邪気などの悪いものを退ける力があるとされておりました。

今日でも全国の神社で節分祭、追儺式の折に「鳴弦の儀」や「弓矢の儀」を行い厄払いをするところも少なくありません。

また、こちらの祭神画も素鵞神社ではなく行方市玉造地区に鎮座する「夜刀神社」の御祭神「ヤトノカミ」を描かせていただいております。

御朱印は参拝の証でございますので、こちらの御朱印をお受けになりたい方はまずは夜刀神社にご参拝されました後に素鵞神社へ御来社いただき授与されますようお願い致したく存じます。

※2月は全て書置き(印刷もの)となります。

(最も大事な印の部分は本物を押しています。)

 

 

 

先日の「お知らせ」でもお伝えさせていただきました通り、2月は全て「書置き(印刷もの)」とさせていただきたく存じます。

しかし、書置き(印刷もの)となってしまうことが心苦しい気持ちもあり、せめてもの気持ちで今回は色付けをさせていただき、祭神画も3種お作りさせていただきました。

もちろん原画は、全て描き手神職の手により筆で墨書きをし、彩色を施させていただものでございます。

これらの絵を通し、皆様方と更によい御縁を結ぶことが出来ましたら幸いでございます。

 

頒布時期は2月10日(土)~2月25日(日)までとさせていただきます。

2月は受付の対応時間は10時~16時とさせていただきます。

2月は毎週金曜日はお休みです。

※その他、急な所用などで事前報告も出来ずに頒布が出来ないということもあるかもしれません。その際は申し訳ございませんがそれも「御縁」だとお考えいただき心穏やかに次の機会にお越しいただけますと有難く存じます。

 

●初穂料につきましては1枚につき1,000縁(円)とさせていただきます。

 

※今回は、兼務神社の祭神画も描かせていただいております。兼務神社の祭神画御朱印をお求めの方はきちんと求める御朱印のお社へご参拝いただきますよう切にお願い申し上げます。もちろん素鵞神社にもご来社いただきますので素鵞神社のスサノヲさまにも参拝のご挨拶をしましょう。

 

 

●稲田姫神社の鎮座地  素鵞神社の境内に鎮座しております。

 

●大宮神社の鎮座地   茨城県行方市玉造乙751 ℡0299-55-2680

※大宮神社へご参拝に行かれるのにカーナビの「住所検索」では出てこないという声が寄せられましたので「電話番号検索」でのカーナビ入力をお願い致したく存じます。(カーナビの種類によっては「名称検索」でも出るようです。)

 

●夜刀神社の鎮座地   茨城県行方市玉造甲3451-1(愛宕神社の境内に鎮座)

 ※夜刀神社もカーナビの「住所検索」では出ないようですが周辺まで行っていただければ道案内の看板がいくつかございます。

(国道355号線ベイシア(スーパー)の見える「高須交差点」を鉾田方面に曲がり、3つ目の信号を右折しますと1つ目の案内看板がございます。その後は看板の指示に従ってお進みください。)

※また、夜刀神社は道中とても狭い道もございます。ご参拝される際には「天気の良い日の明るいうち」にご参拝されますことを   おすすめさせていただきます。

 

 ※もし道に迷ってしまわれた方は素鵞神社(0299-58-0846)にご連絡ください。お電話で案内の対応を致します。

(祭典中など電話を出ることが出来ないことも稀にございますのでご理解願います。)

 

 

※当神社、御朱印につきましてもHP等につきましても始めて日が浅くまだまだ未熟でございましてわかりずらいこと、至らないことも多々あるかと思いますが何卒温かい目で見ていただければ幸いです。