· 

朱印帳のデザイン及び頒布の延期について

【現在制作中の御朱印帳のデザインについて】

 

社伝によりますと、当神社の御神体は橋本源左衛門、橋本孫左衛門(現在の宮司家)によってお掬いされたと云われております。

その際、御神体は鯉やイサザ(小魚や小エビと思われる)に覆い守られていたと言い伝えられており、このことにより鯉は当神社の神の使いとされています。

この社伝をイメージしまして、御祭神のスサノヲさまとクシナダヒメさまが神使の鯉に乗り、小川の地(現在の小美玉市)に降り立つシーンを描き手神職の手により描き起こさせていただきました。

更に、描き手神職の原画をもとにプロの手により彩色を施していただきました。

背景は日本古来の有職紋様「本大和錦」(ほんやまとにしき)の紋様で白をベース(本来は朱か縹色)に爽やかな背景とさせていただきました。

 

【頒布時期の延期について】

 

頒布時期につきまして4月頃の予定とさせていただいておりましたが現在遅れている状況でございます。

おおよそ5月中~下旬、場合によっては6月ごろの頒布になるかと思われます。

皆様には大変ご迷惑お掛け致しますが何卒ご理解を賜りたく存じます。

 

※こちらの御朱印帳は手描き専用御朱印帳とは異なります。手描き専用は上記のものよりも後の頒布になるかと思われます。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    人見正路 (月曜日, 28 5月 2018 08:09)

    御朱印帳は決まりましたでしょうか?