· 

手描き用御朱印帳の頒布について

祭神画御朱印の描き手神職が描いた当神社の御祭神スサノヲさまの「建速素戔嗚尊」(タケハヤスサノヲノミコト)の原画に専門の方に頼んで彩色を施していただきました。写真ですと少し写りが良くないですが特殊なエンボス加工を施した綺麗な御朱印帳です。

中の奉書紙にもこだわり本大和(ほんやまと)の紋様を入れております。

こちらの御朱印帳にはこちらの専用ハードカバーが付きます。

 

 

祭神画手描き用の御朱印帳の頒布についてご報告をさせていただきます。

 

●頒布日  例大祭の日である「7月23日(月)」より頒布いたします。

      ※23日は描き手神主が朱印帳の日付をお入れいたします。

       他の日につきましては、恐縮ですが日付は3人の神職で順不同に入れます。

      (印は全てに入ります)

 

●絵 柄  こちらの絵柄は「限定版」となります。

      次回頒布は、正月時期か来年の例大祭時期になるかと思います。

      平常時は白系のシンプルなデザインの予定です。(頒布時期はまだ未定)

 

●期 間  7月23日~8月10日まで

      (例大祭~茅輪祭まで)

      

●時 刻  初日の23日は例大祭の影響から「12時」からの頒布とさせていただきます。

      ※当日の状況を見て時刻は早まることがございます。

      (平日ですのでさほど混まないのではと予測しております。)

      ※大変暑い中での頒布となりますのでお越しの予定の方はお飲物や日傘、うちわなど暑さ対策を十分されて

       お越しいただきますよう切に願います。

      平常時は9時30分より16時30分まで

      

●頒布数には限りがございます。

 

●サイズ  約18cm×25cm

      この御朱印帳の大きさはB5用紙と同じくらいの特殊大判サイズになります。

     (両面の書置き御朱印を折らずに貼ることが出来ます。)

 

●初穂料  3,500円(特別印含)

      ※恐れ入りますがお釣りの出ないようご配慮いただけますと有難く存じます。

      ※特殊なサイズの為、ご負担が大きくなりますことご了承ください。

 

※ご注意※

※こちらの御朱印帳は手描きの祭神画を揃えたいという玄人様向けの御朱印帳となります。

 もちろん、当社の手描き用としてではなく普段使いや手描きとは別使い用として使いたいという方でも頒布は可能です。

※祭神画の手描きは8月20日頃より再開予定です。

※手描き祭神画は大変な激務の為、恐縮ですが全て帳面をお預かりした後、後日郵送とさせていただきます。

※初穂料も同じく大変な激務であること、今までは直描きを行っておりませんでしたが直描きを行うことにより今まで以上に大変な

 苦労や神経を使うことを理由に一体3000円ほどになるかと思います。

※この「初穂料」と↓の「受入れ方法」をご理解いただける方におすすめするものなのかと思います。

 手描きは高額になりますので本当に手描きが欲しいという方以外は複写ものをおすすめ致します。(今まで通り、複写ものも合わせて出します。)(手描きと複写の絵柄は異なります。)

 

~手描きの受け入れ方法~

 

20日から末日までの10日間の受付 ※末日になる前に受入れ数に達した時点で終了となります。

 

受入れ人数100名程度 ※受け入れ方法は先着順です。

           ※描き手の体調や奉務の繁忙期など時期によって70名や50名など受入れ数は変わるかもしれません。

            体調を崩すなど受入れが出来なくなる時期があるということもあるかもしれません。

            逆に余裕があり、追加受け入れがある時期もあるかもしれません。

            この辺は始めてみませんとどうなるかわかりませんが基本1回の時期で100名の予定です。

           ※受入れ人数には制限がありますのでこの朱印帳を買ったのに定員漏れで描いてもらえないということも

            考えられます。

 

受け入れた後2か月かけて100名分の祭神画御朱印を描いて郵便にて発送いたします。

その後、20日まで休養をとらせていただき、また20日から末日まで受付というかたちをとらせていただきます。

 

(流れの例)

8月20日~31日まで受入れ(第1回)(100名)

9月1日~10月31日の2か月の間に100名分描いて発送

11月1日~19日まで休養(場合により手描きが間に合わない時の予備期間にもなる)

11月20日~30日まで受入れ(第2回)

12月1日~1月31日の2か月間で描いて発送

2月1日~19日まで休養

2月20日~28日まで受入れ(第3回)

以下同様となる

 

※まだまだ試行錯誤をしておりまして今後また変更になる等どうなるかわかりませんが、まずはこのような形式で描き手への負担を軽減できるようなやり方で進めさせていただきたく思っております。どうかご容赦いただきたく存じます。

 

●駐車場  ①鳥居前駐車場(約10台)

      ②鳥居より左側の小川公民館の公共駐車場(約20~30台)

      ③鳥居の左側の坂を降りてすぐ左の素鵞神社祭礼倉庫前及び本田町公民館の駐車場(約30台)

      ※以上の3箇所をご利用ください。

      ※鳥居より中の境内に停めることはご遠慮ください。

 

●その他  ※当神社は田舎の小さなお宮でございます。当日、至らないことやトラブルが発生することもあるかもしれませんが

       どうかあたたかい目でご容赦いただけますと幸いでございます。