· 

10月の祭神画御朱印が決まりました

十三夜のスサノヲさま

 

10月の祭神画御朱印ということで「後の名月」十三夜をイメージし、スサノヲさまがお月見をするお姿を奉筆させていただきました。

十五夜を「中秋の名月」と呼ぶのに対して十三夜は十五夜の後に巡ってくることから「後の名月」(のちのめいげつ)と呼ばれます。

また、十五夜はあまりすっきりしない夜空が多いのに対して十三夜は晴れることが多く「十三夜に曇りなし」という言葉もあります。

お月見は十五夜が有名ですが是非、十三夜にもお月見をされて浄闇の月夜に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

(十三夜は旧暦の9月13日を指し、本年は10月21日(日)になります。)

また、「片月見」(かたつきみ)は古来より縁起が良くないとされますので宜しければ片月見にならぬようペアで揃えてみてください。

 

※この祭神画御朱印は描き手神職が心を込めて奉筆した祭神画の原画を複写(印刷)した書置きの御朱印となります。

最も大事な朱印は本物の印です。)

こちらの祭神画御朱印は複写ものとなってしまうことから彩色を施した祭神画とさせていただいております。

この御朱印を通し、皆様方と今後ともより良い御縁を結ぶことが出来ましたら幸いでございます。

 

※貴重な和紙製の為、場合により在庫がないということもございます。

※日付部分は絵の描き手以外の神職が書くこともございますが、御朱印としての「ありがたみ」に違いはございません。日付を入れる神職もその日、その時の御縁であるとお考えください。

 

頒布時期は10月1日(月)~10月31日(水)とさせていただきます。

 

※受付対応時間は、9時30分~16時30分とさせていただきます。

 

※初穂料は1体、1,000円となります。

 

※お車を駐車される際には、①鳥居前駐車場(約10台)、②鳥居より左側の小川公民館の公共駐車場(約20~30台)、③鳥居の左側の坂を降りてすぐ左の素鵞神社祭礼倉庫前及び本田町公民館の駐車場(約20~30台)の3箇所をご利用いただけます。

 

その他、ご質問はお問い合わせくださいませ。