· 

7月31日(水)に茅輪祭を斎行します

 

7月31日(水)午後6時より茅輪祭を斎行します。

 

茅輪神事は、夏越の大祓いともいい、茅輪をくぐり越えて罪や穢れを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りする祭祀です。

 

夏越の大祓いは、六月晦日(6月30日)に行われます。今日、多くのお宮では新暦の6月30日に執り行われますが、当社では古事に則り、旧暦の六月晦日に執行しております。

 

令和元年の旧暦六月晦日は「7月31日(水)」です。

※旧暦のため、祭典日は毎年変わります。

 

~茅輪の由来~

茅輪の由来は、当神社の御祭神「素戔嗚尊(スサノヲノミコト)」の古事に基づきます。

神代の昔、素戔嗚尊が旅の途中で「蘇民将来(ソミンショウライ)」「巨旦将来(コタンショウライ)」という兄弟のところで宿を求められました。弟の巨旦将来は豊かな生活をしていたにも拘らずそれを断りました。しかし、兄の蘇民将来はとても貧しい暮らしをしていましたが、素戔嗚尊をお泊めして心づくしのおもてなしをしました。

その後、何年か経ち素戔嗚尊は再び蘇民将来の家に訪れて、「悪い病気が流行ることがあったならば、茅(ちがや)で輪を作って、腰に付けなさい。さすれば病気から身を守ってくれるでしょう。」とお教えになりました。

教えを守った蘇民将来は疫病から難を逃れられ、それ以来、無病息災を祈願するため、茅輪を腰に付けていたものが時代が経つにつれ大きくなり、江戸時代を迎えるころには、現在のようにくぐり抜けるものになったといわれています。

 

 

~大祓い人形~

当神社では大祓いの人形(ひとがた)をご用意しております。 (初穂料 千円也)

(人形に自己の氏名を記し、その人形で体を撫で最後に息を吹きかけて罪穢れを人形に移してください。)

 

人形を納めていただいた方には「茅輪の御守」を授与させていただきます。

茅輪の御守は家の玄関に掛けるとその一年間家族が無病息災になると伝えられます。