· 

10月17日(木)に神嘗奉祝祭を斎行します

 

10月17日(木)午前11時より神嘗奉祝祭の斎行致します。

 

~神嘗祭とは~

神嘗祭は、伊勢神宮にて行われる祭祀でありその中でも最も由緒深い祭典であります。

また、6月・12月の「月次祭」と共に「三節祭」と称されています。

浄闇の中、10月16日の午後10時と17日の午前2時(内宮)の二度にわたって「由貴大御饌の儀」が行われ伊勢神宮の新田で清浄に栽培された新穀の御飯・御餅・神酒を始め、海の幸、山の幸をお供えし明るく正午には勅使をお迎えして「奉幣の儀」を奉仕します。

お祭りでは天皇陛下の大御心を体にして、天照大御神に秋の実りに感謝申し上げ、皇室の弥栄・五穀の豊穣・国家の隆昌並びに国民の平安を祈願します。

神嘗祭は、両正宮に引き続き、別宮を始め摂社、末社、所管社に至るすべてのお社において行われます。尚、両宮の内玉垣には天皇陛下から奉られた御初穂を始め、各地の農家から寄せられた稲束「懸税」(かけちから)が奉納されます。

 

 

当神社では、この伊勢神宮の神嘗祭を祝し神嘗祭同日(10月17日)の午前11時に奉祝祭を行っております。

一般のご参拝の方でも式に参列出来ますので宜しければご参加くださいませ。

 

※参列予定の方は定刻10分前には社務所にお越しください。

※前日までにお電話にて事前連絡をいただけますと助かります。

※初穂料はお気持ちを「のし袋」に包んでお持ちください。

 

 

祭典では、平成25年に伊勢神宮にて第62回神宮式年遷宮の際に撤下されました御装束神宝を奉安致します。

(参列の方は御装束神宝ご覧になることが出来ます。)

 

当神社では撤下された御装束神宝のうち下記の2点の下附を賜りました。

●皇大神宮(内宮)の別宮、月讀荒御魂宮の御神宝 「革御靭」(かわのおんゆぎ)

●皇大神宮(内宮)の別宮、瀧原宮所管社・長由介神社の御装束 「御鏡」(みかがみ)

 

 

お問い合わせは℡0299-58-0846までお願い致します。