御朱印

 素鵞神社では当神社の御朱印をはじめ、御祭神を絵に模した「祭神画御朱印」、また宮司が兼任してご奉仕をさせていただいております兼務神社の御朱印もご一緒に授与しております。詳しくはお問い合わせください。


祭神画御朱印(さいじんがごしゅいん)


 当神社では御祭神を墨絵で描いた特別な御朱印、「祭神画御朱印」を頒布しております。この御朱印を通して皆様と良いご縁を結ぶことが出来ましたら幸いに存じます。(今後、兼務神社の祭神画も描かせていただく予定です。)

 尚、この御朱印は神職が心を込めて全て「手描き」で描いております。そのため大変お時間が掛かることと、朱印帳よってそれぞれ紙の質、墨の滲み具合が異なることにより書き損じ等をする恐れがあるため、お手持ちの朱印帳へ直にお書きすることは今のところお断りさせていただいており別紙(奉書紙)に描いたものをお頒けさせていただいております。

 また、お一人様一枚とさせていただいており、1日に描ける枚数も限度がございますのでご来社いただいた方全員に授与することが出来ないということもございます。皆様にはご理解、ご了承賜りますよう切にお願い致します。

 その他、描き手神職の休日や所要による外出等、都合により頒布することが出来ないこともございますが、それも「ご縁」のひとつとしてお考えいただき、次の機会を心穏やかにお待ちくださいますようお願い申し上げます。

 

※祭神画御朱印は季節や月により絵柄が変わります。上記の見本もそれぞれ月限定のものですので常時のお頒けはしておりません。

※「お知らせ」でその月に出す祭神画のみの頒布となります。

※月により手描きは行わず書置き(印刷もの)のみの対応になることもございます。

結和の御朱印帳(ゆわのごしゅいんちょう)

※只今、奉製中。

 

初回頒布日は7月1日(日)となります。

 

初回頒布は300冊程度です。なくなり次第終了、次回頒布までのお待ちとなります。

 

 

※御朱印帳は2種類頒布させていただく予定でございます。

 

①通常御朱印帳・・・普段使いに様々な神社やお寺でお使いいただく為の一般用10の御朱印帳です。(7月1日頒布)

 ※上記写真のものです。

 

②手描き用御朱印帳・・・手描きの祭神画御朱印用御朱印帳です。(7月下旬~8月頃の頒布予定)

 ※上記のものとは異なります。

 

その他の御朱印・御朱印帳

 素鵞神社では当神社の御朱印をはじめ、航空自衛隊百里基地や茨城空港のある百里鎮守の「百里神社」、日本に一社しかない小美玉市栗又四ケ鎮守の「耳守神社」、常陸国風土記の有名な神話として登場する夜刀神(やとのかみ)をお祀りする「夜刀神社」、行方市玉造総鎮守の「大宮神社」の御朱印もご一緒に授与しております。

 これらの御朱印は当神社宮司が兼任して宮司を務めさせていただいているという「ご縁」から当神社でお頒かちさせていただいております。

 

※御朱印は神社への参拝の証です。神さまも悲しまれますので兼務神社の御朱印をお受けになられる方はきちんと兼務神社に来社しお参りをしましょう。

 

●素鵞神社御朱印帳

 

当神社の通常の御朱印帳です。

神道の中で最も清らかな色とされる「白」に、日本の古来より伝わる有職模様「本大和」(ほんやまと)の模様柄を絹の生地で奉製しました。

絹特有の光沢があり、また絹本来の「生成り色」といわれる白色で品のある御朱印帳となっております。

 

頒布日 7月1日(日)

※数量には限りがあります。なくなり次第終了、次回頒布までのお待ちとなります。

 

 

 

●素鵞神社御朱印

当神社の通常の御朱印です。

「御祭神」 素戔嗚尊(スサノヲノミコト)

 

●稲田姫神社御朱印

当神社の御祭神スサノヲさまの奥様がお祀りされる稲田姫神社の御朱印です。

「御祭神」 櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)

「鎮座地」 素鵞神社境内

 

●百里神社御朱印

当神社宮司が兼務する百里地区に鎮座の百里神社の御朱印です。

旧百里原海軍航空隊の守護神として奉斎された由緒から現在の自衛隊航空機を御朱印のデザインにさせていただいております。

「御祭神」天照大御神(アマテラスオオミカミ)

「鎮座地」茨城県小美玉市山野1690番地1

 

〈頒布について〉

一回の参拝につき、六種の中から一種類のみお好きなものをお選びいただいて授与致します。

 

※書置きの御朱印につきましては恐縮ですが種類を選ぶことが出来ないこともございますのでご容赦ください。

 

 

 

●耳守神社

当神社宮司が兼務する栗又四ケに鎮座の耳守神社の御朱印です。

耳守神社は耳の守護に霊験新たかな「健聴」の御神徳をもつ「日本に唯一」のお社です。

「御祭神」耳千代姫命(ミミチヨヒメノミコト)

「鎮座地」茨城県小美玉市栗又四ケ

●夜刀神社御朱印

当神社宮司が兼務する玉造泉地区に鎮座の夜刀神社の御朱印です。

夜刀神社は「常陸国風土記」の神話で有名な「夜刀神」をお祀りするお社です。(現在は愛宕神社の境内社として鎮座)

「御祭神」夜刀神(ヤトノカミ)

「鎮座地」茨城県行方市玉造甲3451番地1

 

●大宮神社御朱印

当神社宮司が兼務する行方市玉造に鎮座の大宮神社の御朱印です。

行方市玉造の総氏神であり、天孫「瓊瓊杵尊」を主祭神としてお祀りする珍しいお社です。

「御祭神」天津日高彦穂瓊瓊杵尊(アマツヒコヒコホノニニギノミコト)

     武甕槌神(タケミカヅチノカミ)

     経津主神(フツヌシノカミ)

「鎮座地」茨城県玉造乙751番地

「例祭日」5月5日