御由緒


御由緒

 当神社の社伝によると、享禄二年(一五二九年)「橋本源左衛門」、「橋本孫左衛門」の兄弟が園部川の河口で遊漁を楽しんでいたところ、流れの中に鯉とイサザに覆い守られている奇異なものを発見されました。兄弟はしばらく注視していると、ほどなく岸辺近くに寄ってきたので掬い上げてみました。するとその奇異なるものはなんと御神像であり、兄弟に「吾は是牛頭天王にして陰神、陽神也。将に当所の鎮守とならん。」と神託を言い渡しました。これにより兄弟は町辻に御神像をお祀りしご奉仕をすることとなりました。

 翌年の享禄三年(一五三〇年)、この話を聞き及んだ小川城主「薗部宮内少輔」が願主となって祭典を行うと、御神像は紛れもなく陰陽の二神であると分かった為、陽神の「素戔嗚尊」(スサノヲノミコト)を城外に、陰神の「櫛稲田姫命」(クシイナダヒメノミコト)を城内に、それぞれ社殿を造営し分祭鎮座されるこことなりました。また、別当は「華蔵院」(現在は廃寺)とされ、田方三石が社領とされました。

 以降、毎年六月になると「四度のまつり」(よどのまつり)と称する四回の祭礼が城内より村中に至るまで盛大に執り行われたそうです。今もその式が残り、素鵞神社の「祇園祭」(ぎおんさい)に受け継がれております。

 

沿革

 当神社は、はじめ「天王宮」(てんのうぐう)という名のお宮で「天王さま」と尊称していましたが、義公「徳川光圀」(水戸黄門)率いる水戸藩の尊皇思想の影響を受け、「神仏混淆の社号であること」、語呂が同じであることから「皇国に恐れ多いこと」を理由に天保十一年(一八四〇年)、現在の社号「素鵞神社」(そがじんじゃ)に改められました。

 また、鎮座地も低地であったことから「千木髙知りて鎮坐す」の祝詞に反するということ、墓所が近く「御神体が穢れてしまう」ということを理由に明治二年(一八六九年)、高台の旧小川城外曲輪のあった現在地に遷座されました。

 また、同三年(一八七〇年)常陸國小川鎮守となり、同六年(一八七三年)村社に列格、同四十年(一九〇七年)には供進指定も受け、昭和六十二年(一九八七年)より、茨城県神社庁特別神社となりました。

その後も、往時より変わらぬ氏子崇敬者の厚い信仰に支えられ、今も往先も永遠に御神徳を広め続けております。

素鵞神社の歴史年表

享禄2年 1592 橋本源左衛門、橋本孫左衛門の兄弟が園部川で御神像を奉迎し奉仕する。
享禄3年 1530 小川城主の庇護を受け、天王宮と命名されて、城の守護神として城外に祀る。
天正年間   戦乱の為、社殿焼失。
安永5年 1776 本殿造営。
安永8年 1779  「横町覚書」が綴られ始める。
天保11年 1840  社号を素鵞神社に改称。
安政2年 1855 従四位上侍従「源 有文」が社号額並びに掛軸を謹書。
文久2年 1862  御神輿新造。
明治2年 1869 現在地に社殿を遷座。
明治3年 1870  常陸國小川鎮守となる。
明治6年 1873  村社に列格。
明治18年 1885  社殿焼失。
明治32年 1899  本殿新築。
明治33年 1900  本殿遷宮式斎行。
明治40年 1907  供進指定を受ける。
大正5年 1916  狛犬と石灯篭が奉納される。
大正12年 1923  コンクリート製の鳥居を建設。
大正13年 1924  素鵞神社祭礼規約を制定。
大正14年 1925  踊り屋台が寄贈される。御神輿新造。
大正15年 1926  御神輿遷宮式斎行。祇園祭祭具「行器」(ほかい)奉納。
昭和8年 1933  拝殿、中雀門、玉垣を造営。
昭和9年 1934  新築遷宮式斎行。
昭和20年代   現在の境内に稲田姫神社を遷座。
昭和28年 1953 拝殿改修。
昭和59年 1984 御神輿改修。
昭和62年 1987 茨城県神社庁特別神社に列格。
平成4年 1992 御影石の鳥居が奉納される。
平成7年 1995 手水舎改築。
平成11年 1999 御鎮座470年祭斎行。
平成21年 2009 神輿舎、祭礼庫改築。御鎮座480年祭斎行。
平成22年 2010 稲田姫神社、石玉垣改築。御鎮座480年奉祝祭斎行。
平成24年 2012 拝殿基礎、回廊等土台修復。幣殿増築。
平成25年 2013 祇園祭DVD完成。
平成27年 2015 祇園祭が小美玉市の無形民俗文化財に指定。御神木のケヤキとケンポナシが小美玉市の天然記念物に指定。
平成28年 2016 第62回神宮式年遷宮撤下御装束神宝「革御靭」、「御鏡」を賜る。
平成29年 2017 拝殿屋根修復並びに改築。葺替竣工祭斎行。