御祭神


御祭神

 陽神たる「素戔嗚尊」(スサノヲノミコト)をお祀りしております。

 この神さまは、「豊葦原瑞穂国」(現在の日本)を生み出した「伊邪那岐命」(イザナギノミコト)、「伊邪那美命」(イザナミノミコト)の御子神であり、また「天照大御神」(アマテラスオオミカミ)、「月読命」(ツクヨミノミコト)と兄弟神で、「三貴神」(さんきしん)と称せられる「八百万の神々」の中でも最も地位の高い神さまたちの一柱です。

 尚、陰神たる「櫛稲田姫命」(クシイナダヒメノミコト)も境内社の「稲田姫神社」にお祀りしております。


御神徳

 陽神たる嚴しき神さま「素戔嗚尊」と、陰神たる奇しき神さま「櫛稲田姫命」、二柱の大神さまたちのお力を合わせた御神徳は「結び」と「和」です。

 また、陽神「素戔嗚尊」は、みなぎる強いお力から「身体安全・健康」、災厄「八俣大蛇」を払いのけた逸話から「厄除」、国土開拓の礎を担ったことから「交通安全」、疫病からお救いしたことから「病気平癒」、歴史上はじめて歌を詠んだことから「芸能や勉学」の御利益があるといわれております。

 陰神「櫛稲田姫命」は美しい女神であったことから「恋愛成就」、大変賢く優しい御子神「大国主命」をお生みになられたことから「子宝・安産」、仲睦ましい夫婦神であったことから「夫婦円満・家内安全」の御利益があるといわれております。

素戔嗚さまの神話

 素戔嗚さまは、幼い頃は父神(イザナギ)の言うことを守らず、姉兄神(アマテラス・ツクヨミ)にも迷惑ばかりかける手の付けられない神様でありました。しかし、いつも亡き母神(イザナミ)のことを思い偲ぶ大変心優しい神様でもありました。ある時、父神に亡き母神の故地である「根の国」(ねのくに)に行きたいと申し上げると父神の怒りを買い追い出されてしまいます。

 追い出された素戔嗚さまは根の国に向かう前に姉神の天照さまに別れの挨拶をしようと「高天原」(たかまのはら)に昇りますが天照さまは気の荒い弟神が高天原に攻め入ってきたと勘違いをしてしまいます。そこで素戔嗚さまは疑いを晴らすために天照さまと「誓約」(うけい)を行いました。疑いが晴れた素戔嗚さまでしたが高天原に滞在中、数々の粗暴を行ってしまい天照さまは弟神をかしこみて「天の岩屋戸」(あめのいわやど)に隠れてしまいます。それが原因で素戔嗚さまは高天原からも追い出されてしまいました。

 そこで素戔嗚さまは母神の故地、根の国のある「出雲」(いずも)へ向かい「鳥髪山」(とりかみやま)へ降り立ちました。山を散策中、川のほとりから箸が流れて来たので人がいるかと思い向かってみます。すると老夫婦の神がおり、この地では「八俣大蛇」(ヤマタノオロチ)という邪神が暴れまわっており今宵、姫神の「櫛稲田姫命」(クシイナダヒメノミコト)が生贄になってしまうという話を聞きます。そこで素戔嗚さまは八俣大蛇を退治すると約束をし、様々な策を講じてみごと退治をします。

 その際、八俣大蛇の尾から神聖なる刀「草薙の剣」(くさなぎのつるぎ)が出て来ました。これらの出来事を高天原に戻り姉の天照さまに報告をして草薙剣を献上すると天照さまは今までの罪を全て許して下さり素戔嗚さまを高天原一の「英雄神」として称えて下さいました。

 その後、素戔嗚さまは出雲へ戻り、八俣大蛇からお救いした櫛稲田姫命と「縁結び」を行い結婚をします。そして、出雲の「須賀の地」(すがのち)へ移り立派な御社を建てて、御子神「大国主命」(オオクニヌシノミコト)を授かり仲睦ましく永しえにお暮しになられました。

 このように「素戔嗚尊」は氣高さと愛の両面を遺憾なく発揮された英雄神として広く親しまれております。